東京音楽学院のピアノ調律コースを紹介します。

ピアノ調律コース

Piano tuning

対象:ピアノ調律師を目指す方

当学院では2年制のコースを主に、実技を中心としてさまざまな技術の習得が可能です。また、技術のみに限らず、発表会・音楽祭など各種イベントも行っており、豊かで充実したキャンパスライフが送られるよう目指しています。

ヤマハ・ビクターテクニクス、消音免許の取得。調律個人指導。入学随時。昼夜時間を自由に選べるフリータイムコースも設置していますので、働いている方も技術の取得が可能です。

教育課程

当学院では、全日制2年コースとフリータイムコース(調律/音楽講師)を主としています。ピアノ調律技術者の資格としての身分を称する「技術認定証」を授与しております。この認定証は卒業生がピアノ技術業界へ入るための、貴重な「証明書」となります。さらにピアノ調律師としての資格に「社団法人日本ピアノ調律協会」の認定資格があります。受験資格としての「5年間の実務経験」のうちの2年間として認められており、資格取得への最短コースとなります。また、当学院では以下のような授業内容のカリキュラムを組んでいます。

ポイント

1.調律

マンツーマンの個別指導体制により、様々なメーカーの、様々な機種のアップライトピアノ、グランドピアノに接し、バランスの整った美しい音創りをマスターします。卒業時に日本ピアノ調律師協会の入会審査合格レベルに到達すべく、グレード制を導入し、常に目標をかかげながら、技術の修得に臨みます。

2.整調

ヤマハテクニカルアカデミー出身の現役コンサートチューナーを講師に迎え、新しいタイプ、古いタイプ等、様々なピアノと接しながら88鍵の打弦機構の動きを正確に把握し、演奏者にとって心地よいタッチ創りを追求します。

3.修理

長年の使用に基付くピアノの各部品の磨耗・消耗・損傷、温・湿度の変化により、発生した錆などによる故障要因を正確に踏まえ、迅速に適切に対応できる技術を修得します。

4.ピアノ概論

日本ピアノ調律師協会入会審査例題集をベースに、ピアノ技術者として楽器業界で幅広く活躍する上で欠かすことの出来ない楽器学や音響学、及びビジネス概論当様々な知識を学びます。

研究科

研究科は当学院、他校の調律科を卒業されてさらにその先を勉強したい方、現在調律師としてご活躍の方で高度な技術を追求したいという方のためのものです。具体的には「将来、社団法人日本ピアノ調律師協会の試験にチャレンジしたい」「コンサートホールのチューナーを目指したい」という明確な目的を持った方を対象としたコースです。

卒業後の進路

本学院を卒業して音楽業界で活躍している卒業生は、すでに全国主要都市で広く活躍しています。本学院卒業生の主な就職先は、ヤマハ株式会社、㈱ヤマハプランズ、ヤマハ特約楽器店、カワイ系楽器店、ピアノ専門店ピアノ調律所、ピアノメーカー、レコード会社、テレビ局といった多岐にわたる活躍の場があります。楽器店に就職する場合は家庭訪問調律を専門の仕事としている人が多いのですが、なかにはピアノ販売の営業業務や音楽教室のピアノ講師を兼務している卒業生もいます。ピアノ調律所や修理所に就職した場合は、ピアノ全体の修理や最終調律を主な仕事としている人が多数です。また、レコード会社やテレビ局の就職には、楽器係りとして楽器の管理や調律が主な仕事となっています。高度な技術職として各界から重宝されています。

レッスン料金(税込)
対象 コース名 1回の
レッスン時間
料金
月謝
ピアノ調律師
を目指す方
週1回コース 120分 35,000円 ※1
週2回コース 50,000円 ※1
研究科 ※2
  • ※1.教材費・工具代等が別途かかります。
  • ※2.全日制・週1・週2コースより選択。選択するコースにより費用が異なりますのでお問合せください。

レッスン会場